獨協医科大学 解剖学実習
班別課題発表(PBL)


目次

報告書まえがき(平成17-18年度)

 獨協医科大学解剖学マクロ講座では、解剖実習に付随した新らしい教育法の試みとして、平成14年度より、実習班別に異なる課題を与える PBL (Problem-Based Learning) をおこなってきた。解剖実習を通して、自分たちが担当したご遺体の病気や、特色ある所見に興味を持つことは多い。しかし、通常はそのまま分からずじまいに終わることがほとんどである。本 PBL は、この個別の興味をもとに、(1) 学生自らがテーマを考える、(2) 他の実習ご遺体も含めて、計測、調査を行い統計処理し、(3) ガン、腫瘤などの異常部位からパラフィン切片標本を作成し、病理診断を試みる、(4) そのテーマについて、図書館や、インターネットで調べ、自分なりの整理と発表構想をおこなう、(5) 調べた情報、知見や疑問に関して、臨床や基礎の専門家の先生にインタビューしアドバイスをいただき、校正・考察する、(6) 以上をまとめ、PowerPoint で口頭発表し、レポートを提出する、といった6段階ほどの自主学習をおこなう教育法である。平成16年度まではほぼ全部の班で実施してきたが、この2年間はカリキュラムで時間がとれなくなったため、自主的に申し出た全体の3割前後の班のみでおこなった。この度、4年目の平成17年度分(2005.4〜2005.10)と5年目の平成18年度分(2006.4〜2006.10)のPBLレポートの編集が完成したので、2年分を合本として発表し、解剖実習教育の一つの新しい方向性として提案したい。なお、この記録は、本講座ホームページで学外へも一部公開している。

 ご存じのように、PBLとは,与えられた課題を4〜10名の学生グループが主体的に解決していき,自己評価を行う教育・学習法である。自主性とチームワークが必須なので、論理的思考と問題解決能力の育成や協調性の訓錬が期待できる。また、これをきっかけとして、基礎医学と臨床医学とが関連づけられ、実習への興味と意欲が深まる効果が得られている。各班の質疑応答をご覧いただきたい。各発表ともかなり白熱したものになっており、感想にもあるように参加した学生それぞれが深く考える場が形成されたことが伺える。肉眼標本の多くは、ご遺体のものを使わせていただいている。付随した顕微鏡標本写真の多くは、それから作成したパラフィン切片標本である。顕微鏡観察により、例えば、リンパ節のガン転移の課題なら、その確定診断の可能性が高まり、結論がでやすくなる。実際、腫大したリンパ節の組織がガンでなく、正常範囲の例もあった。また、パラフィン切片標本で死後変化が意外に小さく、病理診断に耐えるきれいな組織像のものが多かったことも驚きであった。

 この場を借りて、献体いただいた故人とそれに賛同いただいたご遺族の皆様に心よりお礼申し上げます。パラフィン切片標本は、法医学の徳留省悟教授のご協力を得て、前田(上村)順子・角田弓恵技術員に学生を指導・作成していただき、その病理診断・助言は、病理学(人体分子)の藤盛孝博教授のご理解を得て、小野祐子助教授にお願いした。快くご指導・ご助言をいただいた、臨床(アイウエオ順)の池田均教授(越谷小児外科)、今井裕教授(口腔外科)、臼井要介先生(麻酔科)、北順二講師(第二外科)、澤端章好助教授(胸部外科)、砂川正勝教授(第一外科)、下田貢講師(第二外科)、林田綾子先生(産婦人科)、本間浩一助教授(病理学形態)、増田聡雅助手(泌尿器科)、望月吉彦教授(胸部外科)や、学外の大河原重雄教授(自治医大解剖)、廣川信隆教授(東大院分子細胞生物学)にも心からお礼申し上げます。

 ご意見・ご感想は、連絡先 E-mail: macro@dokkyomed.ac.jp までお願いします。資料の一部は教科書などから引用している。出来るかぎり、参考文献として記載していますが、もし漏れがあった場合はご指摘願います。最後に、このPBL は基礎・臨床各講座の協力無しには継続不可能です。今後とも、お忙しいところお世話になることと思いますが、何とぞご助力お願い申し上げます。

2007年3月

解剖学マクロ講座
教授 松野健二郎



トップページへ

ご質問、ご意見は macro@dokkyomed.ac.jp までお願いします。